• HOME »
  • 事業 »
  • 学習道場Wise up

学習道場Wise up

地域課題-
対象者中学生、高校生
日時火~土
料金
担当住人 淺岡美希 麓貴隆 井口元

~学習道場Wise upの前身~

みんなで学ぶ学習道場。

2016年3月末まで、主に小・中学生をメインに毎週月曜日にみんなの家で行ってきました“みんなで学ぶ学習道場”と、柏原町で都市部から予備校講師をお招きして地域の高校生に対し先進的な受験対策を行ってきました“able1-2-3”を事業継承、統合し、新たに“学習道場Wise up”として教育事業を行うこととなりました。

~日本の教育事情と当塾の理念~

学習道場Wise upは、「学びは楽しく!本質的な賢さを、人間的な成長を。」を合言葉に教科教育だけでなく、人間的な成長を促す学習塾で、

①教科教育
②学校で深くは教えてくれないけど、学業において大事な考え方
③キャリア教育

この3本柱で子供の成長をサポートします。

~65%は今は存在していない職業に就く~

なぜ、このような取り組みを始めようとしているのか、その社会的背景、並びに当塾の理念についてご説明いたします。

2011年8月、アメリカのデューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏がニューヨークタイムズ紙のインタビューで、「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」と未来を予測しました。

この65%という数字はアメリカを対象とした予測で、そのまま日本に当てはまるかどうかわかりませんが、情報化、国際化が進むに従い、実際に私たちの働き方は急激に変化してきています。企業がイノベーションを起こして、これまでに無かったような職業が生まれる一方で、伝統のある一部上場の企業であっても業績悪化でリストラせざるを得なくなるということも、珍しくなくなってきました。現状を正確に把握し、未来を先読み、自分たちで考え、変化を遂げていける企業でないと、生き残りにくい時代となりました。「有名大学に入って一流企業に入社すれば将来は安泰」などという神話はもう崩壊しているのです。

~物事を多面的にとらえ、状況の変化に立ち向かう~

子供たちが育っていくこれから先の社会はさらに多様化していくことが予想され、諸問題に対する答えは一つと限りません。また、その答えは誰かから与えられるものでもありません。たった一つの正解を誰かに教えてもらおうとするのではなく、状況の変化に応じて、ありとあらゆる方法や手段を多面的に考え、問題に立ち向かっていくことが求められます。

そして文部科学省も、そういった人材を育成するような学校教育へシフトするように動き出しています。2020年の大学入試からは、従来型の「知識・技能」の確認に留まらず、その「知識・技能を応用・活用する力」つまり、「思考力・表現力」まで問われることになります。例えば英語の問題では、従来は単語力や文法力があれば解けるような読解問題が主流でしたが、2020年からは自由英作文が主流になり、自分の主張を論理的に盛り込んだ解答が必要になってきます。

またさらに教科の枠組みにとらわれない問題も出題されます。例えば、チーズについての文章を読解しながら(国語)、発酵に関する問い(化学)や古代ギリシャの歴史(世界史)について解答する、そのような形式に対応する必要がでてきます。

これらは、小手先のテクニックや暗記だけでは太刀打ちできません。一つひとつの概念をしっかり理解して、問題を解く際にそれを応用、活用できるようになることが必要なのです。そしてその一つひとつの概念を理解するためには、単に教科書を読んだり授業を受けたりするだけでなく、「なぜそれが成り立つのか」「どうしてそうなるのか」といった本質的な考え方を、インプット、アウトプットを繰り返しながら学ぶことが肝要です。

そして、その知識や概念をしっかりと自分のものにするためには、「経験」がとても大事です。例えば「燃焼」の概念を理解したつもりでも、実際に火をつけて物を燃やす経験がなければ机上の空論になってしまいます。

(実際、最近の子供たちは「危ないから」という理由で、火から遠ざかっているきらいがあります。しかし「火」は人の生き死にに直結する欠かせないものです。「危ないから」遠ざけるのではなく、危なくならないような使い方を教えることが肝心だと考えています。)

~教室外で「体験」を学ぶことができるWise up~

そこで学習道場Wise upでは、教室内の勉強だけでなく、教室外に飛び出して様々な「体験」ができるイベントを行い、子供たちの本質的な理解を促していきます。

ある国立大学の教授は2020年から始まる大学入試のことを、「高校生活をトータルに充実させた人が評価される入試」とも言い換えています。多くの経験から学業のこと、自分のこと、社会のことを理解し、将来社会で活躍できる人材こそが、大学でも求められてくる時代となりました。

このような時代背景の中で、学習道場Wise upは、生徒一人ひとりの可能性を最大限に引き伸ばし、学業の成績を上げることはもちろんのこと、社会で活躍できる人材育成を目指すため、

①教科教育
②学校で深くは教えてくれないけど、学業において大事な考え方
③キャリア教育

に力を入れて参ります。

学習道場Wise upホームページ
http://wise-up.jp/

logo

 

Copyright © みんなの家 All Rights Reserved.