夜、久しぶりに若駒の金子さんとサシ風呂。

今回は彼の故郷の近くにいこうということで、仕事終わりに尼崎へ。

まずは風呂ということで湯の華廊へいき、風呂に入り。
水風呂が気持ちいい季節になってきたので、サウナ→水風呂→サウナ→水風呂をエンドレスリピート。

その後、金子さんが10年振りくらいに食いたいという塚口駅前の屋台ラーメン食いに。阪神軒。なんでも夜23時くらいからしかこないんだとか。
おっちゃんも老けはしたものの、昔と同一人物。味もそのまんまだったそうで、昔話に華が咲き。

人の原点といいますか、色んな昔話を聞きながらのルーツの旅はおもろいですな。

その後、微妙に腹がいっぱいにならなかったのでもう一件いこうということになり、阪急伊丹駅近くのかすうどん屋へ。

遠方でのサシ風呂のいいところは、

◆落ち着いて話せる
→普段お互いバタバタしているし意図しないと顔を合わさないので、こうでもしないと近況報告すら難しい

◆普段話せないことを話せる
→遠方にでかけること&車ででかけることで、普段関わりのある人が周囲に誰もいないので何も気にすることなく気をかけることなく話すことができる

◆変なアクシデントやハプニングが起こると二人のいい思い出になる
→今回の例でいくと、阪神軒でラーメン食ってたら横のホームレスっぽいばあちゃんに絡まれたりw
後々になって、あん時そんなんあったなあwという、話のネタになる。

◆何より息抜きになる

次回も楽しみで仕方がないのであります。
これ、まじいいよ。お勧め。