どーも!2013年の1月に大阪府堺市から兵庫県丹波市へ移住を果たした花田 匡平と申します。

記念すべきブログ第一回。

何を書こうかと思ったのですが、今回はアサヒ ラボ・ガーデンの主宰するイベント

OPEN EAT THINKhttps://www.facebook.com/openeatthink

にて僕が喋った内容を元に、自分が丹波に来て9か月たった今どんな風に考え、生活しているのかを少し書いていきたいと思います。

少しと言いましたが結構長文になってしまいましたが・・・。

 

 

~丹波で見つけた僕の行き方~

 

【人生に絶望する】

僕はちょうど2年ほど前人生に絶望していました。毎日気持ちが落ちどうやったら楽になれるかばっかり考える日々でした。
原因はいろいろあったのですが、そのときの仕事での人間関係が一番の原因で、このままではまずいと気付き辞めました。
仕事を変え周りの友人に助けられながら時間を過ごす中で、ようやく気持ちを落ち着けることができ、 次のステップに進みたいという意欲に駆られている中、現丹波市議会議員横田親君と出会い転職相談ものってもらい、 かなりポップなノリで

「丹波来なよ!」

の一言に押され丹波へ移住しました。

 

【BOWS-cafeとの出会い】

シェアハウスみんなの家で共同生活をする中、丹波で自分の生き方の道しるべを見つけてくれそうなコミュニティ

「BOWS-cafe」

と出会いました。

 

BOWS-cafeといっても坊さんが経営しているカフェのことではありません。

月一回普段かかわる事のなかったお寺の境内で、仏教やお寺さんに関しての素朴な疑問から生き死にという深いお話まで、 お坊さんを交えて幅広くお話しする会です。

その中で自分の生きる指針のような考えを参加者の皆さんから言葉として与えて頂き、自分がそれまで持ち得なかった捉え方、 見方を見つけるきっかけをくれました。
その内容に関しては、お話が長くなるので、またそのうち出していくこともあろうかと思いますが、結局こんなホームレスですら餓死もしないような 豊かな日本という国に生まれ育っているのだから、人生ってどう生きてもいいのだってことなんです。
大阪にいたとき、自分の夢ややりたいことを突き進んでるならともかく、そんなこともないのに「30歳も過ぎたんだから、年収これぐらいあって当たり前」とか「 嫁さんがいて子供がいて家を買って」などという状況が当たり前で「そのレールに乗れてない男なんて人生の敗者」やって考えに執着し始めて、 結局、それに届いていない自分を責めてしんどくなっていたんですよね。
でもそれは僕だけじゃなくて、周りにいる人間もそう言うし、実際そうやって見てる女性や周りの目がたくさんある。
都会にいるサラリーマンは、そういう考えに固執しちゃう人が、特に多いんじゃないかと思う。
でも人間人生どうやって生きてもいいし、自分のやりたいようにやって生きるのが幸せなんやと思う。
だってお金持ちがみんな幸せかって言われたら、そうじゃないお金持ちもいっぱいいると思う。
もちろん、奥さんや子供という守るべきものがあれば、無責任にも出来ない場合はあるかもしれないけど、結局、自分が心地いいと心が感じる方向に向かって 生きていくことで、幸せを感じとれるようになれる。
そういう心のあり方をBOWS-cafeで見つけることが出来ました。

 

【フラワー企画で起業】

そういったプラスの気持ちで過ごしていると、いいことはたくさんやってくるもので、丹波に来てからほんとにたくさんのいい出会いを頂きました。
大阪にいたときから人を集めてBBQなどの企画をするのが好きで、丹波に来てから仕事とは別に趣味でイベント企画をやっていたのですが、 イベントを企画するために必要な人をたくさん紹介してもらうことができ、「またぎさん(猟師さん)」、「丹波地酒」、「黒豆&ホタル」など、自分や 周りの友達がやりたいと思っていて丹波の魅力を発信できるようなイベントの企画を開催していくことが出来ました。
ちなみにカバー写真もプロフィール写真もイベント時のものです。
そんな感じで楽しく生活しているうちに丹波で繋がっていった経営者さんや起業を目指す人たちの中でも

「そのイベント企画を事業に出来ないの?」

という お声をいただき半分勢いではありますがこのイベント事業を軸に起業することになりました。

 

丹波に来る前も来てから最近までも、そんなことが出来るとは露にも思っていなかったのですが、皆さんの後押しでスタートを切ることとなりました。
今現在は、9月からアウトドア好きの僕にとってもってこいの丹波悠遊の森というキャンプ場で契約社員として、働いて生活費を稼ぎながら 、自分の事業を「フラワー企画」というわかりやすくダサい屋号ではじめております。
BBQで丹波で有機農法、自然農法といった美味しいお野菜、変わったお野菜を育てている農家さんから、仕入れたお野菜を提供していると、 そのお野菜にも興味を持っていただき、お野菜とお米のパッケージ販売も小さくですが、販売させていただいております。
自分は地域活性とかってあまり思っていないですが、自分の面白いと思うものや、美味しいと思うものを紹介していくと、どうやら 地域活性にも繋がっているようでフラワー企画は、そういう丹波と都会をつなぐHUBの役割にもなっているようで、そうやっていけることを 楽しんでおります。

 

大阪で自分の人生を諦めていた自分からは想像もつかない様なことですが、この9ヶ月ぐらいで、人生が変わったかはまだわかりませんが、 人生に対する考え方、捉え方が激変したことは間違いありません。

逆に人生を諦めていたからこそ丹波と出会うことができて、こうやって新たな気持ちで踏み出していると思うと、諦めて否定していた人生自体も 全て肯定されるようになりました。

 

本当に一つの出会い一つの縁で人生が180度変わってしまう。
そのスタートラインに立てたということは、僕にとって大きな一歩です。
今までも今後も周りの助けてくださるたくさんの方々、この今の自分に感謝しながら楽しんで人生を送っていこうと思います。

 

筆まめでないのでいつになるかわかりませんが、次回は楽しい感じの記事を書こうかと思います。